検索

ウィークリーのMP計算

 
 
クラス 競争者数 セッション数   順位      
× × 1    × (0.7) -1 =
100  
 

※競争者数:ペア戦はペア数、チーム戦はチーム数

CCG以上のMP計算

式中の青字の部分は、番号の項目で指定してください。

①[共通]リミッティング係数Lの指定

 

 
L = × × × =
16 16 16 16
 

 

 主な係数 

形式、制限

係数

年齢、性別等による参加制限

14

ハンディキャップ、イーブンチャンス

10

CCGクラス2

12

CCGクラス3

14

形式、制限

係数

平日開催(セクショナル)

12

△1500

14

△1000

13

△750

12

形式、制限

係数

△500

11

△300

10

△200

9

△100

8

 

●チーム戦

②チーム戦オーバーオール順位によるRP

 
  レイティング(R) テーブル数(T) セッション数    
0.3 ××L①× (10+(√ +0.4×T) ×S())× 1 =

チーム人数(P)

 S(x)=セッション係数

順位  
 

 

 ※セッション係数は、セッション数4以下のときセッション数に等しい

③勝ちVPによるBP

 
  ラウンドのボード数 勝ちVP
R②×L① × × =
P② 24
        VPスケール
 

 

 

●ペア戦

④ペア戦オーバーオール順位によるRP

 
  レイティング(R) テーブル数(T)  セッション数 順位
0.3 ××L①× (10+(√ +0.4×T) ×S())× N() =
6

 

 

 N(x)=順位係数

 

⑤ペア戦セッション順位によるBP

 
   

セッション順位

 
0.2 ×R④× L①×(10+(√T④+0.4×T④N() =
6
 

 

MPの計算が合わない場合

本システムでのMPの計算結果は実際のMPとは異なる場合もありますので、参考程度にお使いください。
また、以下のような可能性もありますのでご確認ください。

  1. リミッティング係数が誤っている/入力していない場合
    係数について詳しくはMP規則をご覧ください。
  2. 特定のナショナル競技会の場合
    発行ポイントは競技会ごとに定められた固定ポイントになります。
  3. ペア戦でミッチェル(NSサイド、EWサイドそれぞれで順位をつける形式)の場合
    競争者数は、それぞれのサイドのペア数となります。
  4. 最低出場数に満たない場合
    最低出場数(指定されていない場合は全試合の50%)に満たないプレイヤーは失格し、MPは得られません。
PAGE TOP

Copyright 2019 © JAPAN CONTRACT BRIDGE LEAGUE, Inc. All Rights Reserved